スポーツクラブ Sports1(スポーツワン)

経営理念
三科典由写真
有限会社Sports1 代表取締役社長 三科典由

◆中学・高校と全国の新記録を樹立。
◆昭和55年、大学4年の時、全日本大学選手権で50m/100m背泳ぎ日本新記録を樹立
◆モスクワオリンピック日本代表
◆平成19年にはオリンピック強化指定コーチとなる。


創業

平成5年4月

設立

平成20年9月

本社所在地

〒404-0044 山梨県甲州市塩山下塩後227

事業所

〒400-0856 山梨県甲府市伊勢4丁目28番1号

決算期

8月

資本金

300万円

事業目的

・レジャー施設、スポーツクラブ、カルチャーセンターの経営
・人材育成のための教育事業
・労働者派遣に係る事業
・食料品、清涼飲料水、衣料品、日用雑貨、医薬部外品、育児用品、福祉用具、介護用品、衛生用品、リハビリテーション機器、運動機器、運動用具の販売、宅配、レンタル並びに輸出入事業
・介護保険法に基づく介護予防サービス事業
・介護保険法に基づく介護予防支援事業
・介護保険法に基づく地域支援事業
・高齢者の身体機能低下を予防する為の自立支援事業
・広告代理業
・通信販売業務
・国又は地方公共団体から委託を受けた施設の管理
・各種スポーツスクールの運営
・各種イベントの企画、制作
・飲食店の経営
・損害保険代理店業務
・旅行業者代理業
・前各号に付帯する一切の業務

スクール

・Sports-1スイミングスクール
・Sports-1フィットネススクール
・Sports-1新体操スクール
・Sports-1大人の健康教室(志摩の湯教室・百楽泉教室・釜無の湯教室)
・Sports-1JA梨北健康教室

従業員数

正社員       20名
パート・アルバイト 140名

取引銀行

山梨中央銀行 貢川支店
ゆうちょ銀行 甲府支店

会員数

1,270名【平成21年10月期】

年間売上高

90,000,000円【平成21年度見込】

沿革

昭和63年4月

甲府市太田町1番地14号にて山梨県内初のOA専門店として渡辺 哲也がOAショップアール アンドアールを創業。創業者渡辺哲也が重度の身体障害者であったために、障害者の自立として注目を集める。

平成5年4月

山梨県庁・甲府市役所等の指定業者登録に併せ法人化、資本金300万円でアール アンド アール有限会社設立。

平成19年9月

社名をアール アンド アール有限会社からR&R有限会社に変更。

平成20年3月

創業者渡辺哲也逝去に伴い、渡辺保子が代表取締役に就任。

平成20年9月

山梨県内でスイミングスクールを経営していたKSSより営業権の一部譲渡を受けスイミングスクールの運営に営業主体を移す。

同時に日本水泳連盟上級コーチ、全日本コーチでもある三科典由が代表取締役に就任。
甲府市上石田に25m室内プール、フィットネススタジオをオープン。

平成21年4月

宮城県角田市 指定管理者施設である角田市屋内温水プールの運営管理を受託。併せてSports 1スイミングスクール角田を開校

平成22年1月 前クラブの撤退に伴い、スイミングスクールの灯を無くさないという一心で「Sports1塩山校」「Sports1富士吉田校」を開校。

経営目的

当社の経営理念は、水泳を始めとした、健康維持を目的とした運動習慣をお客様に提供し、お客様に「健康で活力に溢れた豊かなライフスタイル」を提案していく『生きがい創造サポーター』であり続けるために、日常の業務を通して従業員の生きがいも創り出していく企業でありたいという想いが込められております。
 併せて、「子供のスクール」運営の場に於いて、体の健康と、何よりも心の健康を育む事を大切に考えております。

 現在のわが国は、人類の歴史でも類を見ないほどのスピードで少子高齢化が進んでおり、人口の減少に伴う労働者人口の減少、それを引き金にした経済の停滞や社会保障負担の増大等、直面する危機に対して、積極的で大胆な対応を求められております。
 当社は、人の健康に関わる企業として、現在のわが国が直面している問題の改善にかかる高い社会的責任と価値を有していると自負しております。

 当社は、健康で豊かな社会を推し進める『生きがい創造サポーター』として健康創造ビジネス事業を通じ、企業の健全さを裏付けるコンプライアンスの順守を重んじ、企業の存続・成長に欠くことの出来ない安定した収益性と、社会を構成する企業としての社会的価値を上げる、広く継続した社会奉仕、全てのスタッフが業務を通じ「生きがい」を感じ、自己を成長させ豊かな人間性を育んでいくという目標を実現させることを目標に掲げております。

経営戦略

 私たちの業界は、少子高齢化社会が避けられない現在、健康ニーズの高まりとあいまなって今後も市場規模の拡大と多様化が期待されております。このことは、当社にとって大きなチャンスであると言えると同時に、大規模資本・異業種からの参入が予想され、企業としての価値を問われる競争が激しくなると考えられます。

 このような厳しい経営環境に備え、経営規模の拡大だけではなく、現施設での収益基盤の確保が重要であり、そのために、 運営コストの再構築による損益分岐点の引き下げと合理化、効率的な販売促進活動を通じた新規会員様の獲得、ソフトの充実等によるクラブの魅力向上と環境整備による会員様の定着化を重要課題に掲げ、これらの課題に継続的に取り組むことで、健全で強固な収益体質を作り、「ONLY1」企業への成長を図ってまいります



塩山校のスケジュール
富士吉田校のスケジュール
見学・入学体験申込み お気軽にどうぞ
資料請求はこちら
FAQコーナー よくあるお問い合せ!
子供向けスイミングカリキュラム